ある程度の料金を支払ってゆったりシートの高速バスに乗る

Menu

格安で乗車可能

女性

平日が狙い目

高速バスの価格競争は依然として続いていて、時期を狙って事前予約をすれば、格安で乗車することができます。狙い目は平日の月曜日から水曜日であり、このあたりは乗車率が著しく低下することも珍しくないため、それならばということで運行会社は価格を下げて座席を乗客で満たすことを優先することが多いのです。そのため、最安値で高速バスに乗車できることも珍しいことではありません。特に、東京−大阪間は距離も長く、需要も高いこともあり、バスの運行会社は常に乗車率に気を配っています。客の乗車率を高めるためには、価格を下げてでも乗車率を高めたいというバスの運行会社の意図が読み取れるのです。格安の高速バスの場合には、4列シートが一般的です。もちろん、最近ではサービスの向上を目指して高級路線のバスも提供するようになりましたが、低価格帯となるとやはり狭い4列シートが定番となるのです。しかしながら、サービス面においては、どのバス会社も質の向上に力を入れています。例えば、安全にしっかりと気を配るようにしたり、休憩時には乗客が迷子にならないようにバスのナンバーを予め放送することで時間どおりに乗客がバスに乗車できるような細かい配慮を行っています。こうしたバス会社側の細かなサービスの徹底もあり、格安の高速バスであっても一定数の乗客の確保が可能となりました。格安の高速バスは安さだけでなく、質の高いサービスも提供できるようになっています。